ホーム > 院長ご挨拶

院長ご挨拶

faq_thumb

人と動物との絆を大切に、地域の皆様とともに歩み続けます

img3直井動物病院のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

当院は昭和20年代初頭、初代院長である直井義雄が現在の地に開業し、以来60余年にわたり、地域のホームドクターとして、皆様の大切なパートナーとの暮らしを健康面からサポートしてまいりました。

当院開業当時の日本では、犬は番犬として庭で飼うもの、猫は勝手に飼い主宅を出入りするものといった考え方が一般的でしたが、今や動物たちは家族の一員であり、人にとって「かけがえのない存在」となりました。

巷には、動物と人の豊かな生活をサポートする様々な製品やサービスも登場。動物たちの長寿を後押しし、飼い主の皆様との豊かな暮らし実現の一翼を担っています。

動物と人の関係が大きく変化する中で、動物たちの生活習慣病や加齢性疾患が年々増加していることも事実です。当院では、こうした状況に対応すべく、常に最新の情報を飼い主様に提供することを心がけ、治療はもとより、予防医学にも力を入れてまいります。

クリニック敷地内の庭

暖かい日にはクリニック敷地内のお庭で診察までお過ごしいただくことも可能です

その一方で、開院した当初から一貫して大切にしていることがあります。

それは、家族も動物も、みんなが幸せになっていただくよう願っていることです。「信頼」「安心」「満足」の観点から、動物と人にやさしい気持ちを忘れず、心を重視した、きめ細やかな診療を心掛けてきました。

肉体面はもちろん、精神的な苦痛を含めたパートナーの負担軽減に努めながら、飼い主様の声に耳を傾け、その子にあった治療をご提案しています。この方針は今後も変わることはありません。

小さな病院ですが、これからも私たちスタッフは、広く、暖かい心で皆様をお迎えします。当院の敷地内には日本庭園がありますので、外待合として四季折々の変化をお楽しみいただきながら、診療までの間、リラックスしていただければと思います。

公式ホームページの開設を機に、人と動物との絆を大切にしながら、地域の皆様のパートナーとのさらに幸せな暮らしの実現に向けて、これまで以上にしっかりとお手伝いをしてまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

直井動物病院 院長 直井 昌之

【直井昌之 略歴】

1971年3月
浦和市立(現さいたま市立)仲本小学校卒業
1974年3月
浦和市立(現さいたま市立)原山中学校卒業
1977年3月
埼玉県立浦和西高等学校卒業
1982年3月
日本大学獣医学科卒業
1984年3月
東京農工大学大学院修士課程修了
1985年3月
東京農工大学大学院研究生終了
1986年
米国ミズーリ大学獣医学部研修
1987年4月~89年3月
日本大学獣医学科外科学研究室助手
1989年4月~
現職
2006年4月
JAHA外科認定医

【所属学会・研究会・団体】

埼玉県獣医師会、日本動物病院協会(JAHA)、日本動物病院会(NAHA)、日本獣医麻酔外科学会(JSVAS)、アメリカ動物病院協会(AAHA)

直井動物病院

048-882-3228 Web診療予約

〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太1-8-15 アクセス≫

診療時間※小鳥は予約制です。

  日・祝
午前(08:30~12:00) 8:30~11:00
午後(15:00~19:00) -
このページの先頭へ